見取り図

有名な国分建設に依頼して住宅を建てよう|夢ある住まいづくり

マイホームを手に入れる

積み木

買う時にはお金が多く必要

東武東上線で新築を買う場合は結構お金がかかります。これは税金や手続きのためのお金なのでしっかり覚えておかないと、予想外の出費に苦しんでしまうため注意しておきましょう。まず印紙税が発生しますが、これは軽減が発生するので合計35000円かかるのです。所有権移転や脂肪書士手数料として登記費用が合計40万円ほどかかると見ておきます。仲介手数料は住宅価格の3%ほどとプラス6万円ほどに消費税も発生するのです。ローン手数料やローン保証料のほか、火災保険や自身保険にも加入しないといけません。団体信用生命保険も必要ですが都市銀行では別支払いは不必要になります。全体の目安としては住宅価格の平均5%くらいと見込んでおくといいでしょう。

物件の探し方を知ると便利

東武東上線にある不動産屋を利用すると新築物件を気軽に探せます。しかし不動産屋の数は多くあるのです。しかも東武東上線の不動産屋の種類によって扱っている物件に大きな違いがあります。自分の理想とする条件が整っている新築物件を探すのは困難で時間もかかるのです。そこでこういう時は物件を検索できるサイトを利用するといいでしょう。これはインターネット上にあるものでパソコンだけでなくスマートフォンでも利用できるサービスになります。東武東上線にある新築物件もすぐに見つけられるので時間の節約をしたい人にもおすすめです。条件を指定して駅の近くにある物件や、仕事先に近い物件といったところも気軽に探せるメリットがあります。